どら焼

和スイーツ

どら焼きの焼き方のコツ

どら焼きを家で焼く時にあると便利だなと思うのが、ホットプレート。
温度が一定に保たれるのと、焼き面が広いのがよいですね。

底が17cmのテフロン加工のフライパンだと、1枚づつしか焼けないので焼くのに時間がかかります。
どら焼きを家で焼くときは、まず同じ大きさに焼き上げるのが難しいです。
あとは、ガス火のフライパンだと、初めの1枚目を焼くときに温度が高くなりすぎて、焦げることも。。

どら焼の生地をフライパンに流し込む時はアイスクリームのディッシャーを使うととても便利です。
大さじでやってみましたが、生地がすんなり切れないので、アイスクリームのディッシャーがとても便利です。

私が使用しているディッシャーは頭部直径58mmの容量60ccです。

この60ccのディッシャーで生地をすくってフライパンに流し込むと、随分と大きいどら焼が出来上がります。

目分量で生地をすくっても、大きさがバラつくので、ディッシャーの中に 大さじ2の生地をいれ、フライパンに流し込みました。

そうしましたら、随分とどら焼の大きさがそろいました。


さて、どら焼の焼き方

◇テフロン加工のフライパンに薄くサラダ油をひく。
(キッチンペーパーに染み込ませて、フライパンに油をひくとよいです。)

◇どら焼きは弱火で焼きます。
◇どら焼きの生地はフライパンに流し込んだら、すぐに蓋をする。
(中が確認できるガラス蓋が便利です。)

◇生地がボツボツと穴があいて、周りが固まってきたらひっくり返します。
(2分~20分30秒を目安にひっくり返します。)

◇裏側は1分ほど焼く。

◇焼きあがったら、網の上にどら焼きの生地をのせる。

◇網にのせる面は餡を挟むほうにしてください。網のあとがどら焼きについてしまいます。
◇焼きあがったどら焼きの生地にふんわりとラップをかけておく。

あら熱がとれたら、餡子を挟んで出来上がりです。

どら焼きの生地はベタッとしているので、ワックスペーパーに包んで、ラップをするか、袋にいれると乾燥しなくてよいです。

関連記事

  1. どら焼

    和スイーツ

    どら焼の生地の卵の泡立て具合の比較

    どら焼きを卵、上白糖、薄力粉の3同割で作ってみて、もう少し生地が柔らか…

  2. ぜんざい

    和スイーツ

    失敗しないぜんざいの作り方

    スーパーで購入したつぶあんを使用して作るぜんざいの作り方とコツです。…

  3. 乾燥から作るこしあん

    和スイーツ

    粉末乾燥あん さらしあんの使い方

    和菓子で使う餡子を自分で作るのはちょっと大変。スーパーにはつぶ…

  4. どら焼

    和スイーツ

    どら焼きの出来上がりの比較

    和菓子の定番のどら焼。ドラ焼きの黄金比率のレシピは卵、上白糖、薄力…

  5. どら焼

    和スイーツ

    基本のどら焼の作り方

    卵と上白糖、薄力粉の3同割で作った昔ながらのどっしりとしたどら焼きの作…

  6. お汁粉

最近の記事

  1. ホワイトチョコチップホットケーキ
  2. 紅茶バターパウンドケーキ
  3. 焼き芋
  4. チョコレートホットケーキ(チョコレートパンケーキ)
  5. フルーツゼリー
PAGE TOP