カップケーキ

バターの代わりに植物油を使って作るカップケーキの味は??

冬にバターを柔らかくして作るカップケーキはバターがなかなか柔らかくならないので、めんどくさいです~
そんなバターの代わりに植物油を使用してカップケーキを作ってみました。

常温の油を使用すると、混ぜるだけでとても簡単にカップケーキが焼き上がります。
植物油もいろいろとありますが、ピュアオリーブオイル 、白ゴマ油、菜種(なたね)油 の3種類で作ってみました。

カップケーキの黄金比率は 卵 1個=バター=薄力粉=グラニュー糖  4つの材料はすべて同量です。
バターの重さと同じだけの植物油を使用すると 油が多すぎるので、いろいろな量で作ってみて、一番美味しい焼き上がりの植物油の量で作りました。

☆ピュアオリーブオイルのカップケーキ  レシピはこちら♪☆


☆白ゴマ油のカップケーキ レシピはこちら♪☆
(ゴマ油は九鬼産業㈱の純正 太白胡麻油を使用しています。)

☆菜種(なたね)油のカップケーキ レシピはこちら♪☆


ピュアオリーブオイル、 白ゴマ油、 菜種(なたね)油のカップケーキの焼き上がりを比べてみると 焼き上がりの見た目はそれほどの違いはありません。

香りもあまり違いもなく、味も食感、柔らかさも 私にはあまり違いがわかりません。
どれも美味しい♪

オリーブオイルはエキストラバージンオリーブオイルを使用して作ったカップケーキはオリーブオイルの味がつよすぎるので、ピュアオリーブオイルを使用しました。
ピュアオリーブオイルで作ったカップケーキは美味しいです。

普通の茶色いゴマ油は香りが強いので、洋菓子に使用する時は白いゴマ油を使用すると 美味しい焼き菓子を作ることができます。
オリーブオイルとゴマ油は使う種類に気を付ければ、とても美味しいカップケーキを作る事ができます。

菜種油、白ゴマ油、オリーブオイルのカップケーキを一度に焼いたので、食べきれず、サランラップで包んでジップロックの袋にいれて冷凍しました。
1週間後に自然解凍して食べましたが、風味もそれほど変わらず、水分もとんだ感じもなく美味しく食べることができました。

たぶん紙のマフィンカップで焼いて冷凍したら、これほど美味しい状態で冷凍されないのでは??と思いました。
今度、実験してみようかな。紙カップとアルミカップで焼いたカップケーキの冷凍後の味の違いを・・


スポンサーリンク

関連記事

  1. カップケーキ

    失敗しないピュアオリーブオイルで作るカップケーキの作り方

    バターの代わりにオリーブオイルで作るカップケーキの作り方ですオリー…

  2. カップケーキ

    失敗しないゴマ油で作るカップケーキの作り方

    バターの代わりに胡麻油で作るカップケーキの作り方ですゴマ油は普通の…

  3. カップケーキ

    失敗しない菜種油で作るカップケーキの作り方

    バターの代わりに菜種油で作るカップケーキの作り方です。混ぜるだけの…

最近の記事

PAGE TOP