チョコレートマフィン

マフィン

失敗しないチョコレートマフィンの作り方

混ぜるだけのとても簡単なチョコレートマフィンの作り方です。
卵とバターを室温に戻して、バターが柔らかくなっていれば簡単に作ることができます。

マフィンの黄金比率は卵 1:バター 1:グラニュー糖 1:牛乳 1:薄力粉 2のバランスです。
卵の重さを基準にして材料を量っていきます。

自立する貝印 アルミ箔 菊型のアルミカップで焼き上げます。

製菓用チョコレートは大東カカオのスイートチョコレート(純良)、ココアはパイオニア企画のココアパウダーブラックという苦みと濃い色彩が特徴のココアパウダーを使用しています。

材料  貝印 アルミ箔 菊型 8個

卵・・1個(正味62g)
無塩バター・・62g
グラニュー糖・・62g
牛乳・・62g

薄力粉・・116g
製菓用ココアパウダー・・8g
ベーキングパウダー・・3g
製菓用チョコレート・・62g
ブランデー・・大さじ1

薄力粉の分量が多くて、生地が固めになったので、ブランデーも使用しました。

☆卵、バター、牛乳は冷蔵庫から出して常温にもどしておく









失敗しないチョコレートマフィンの作り方

1 薄力粉と製菓用ココアとベーキングパウダーを合わせて3回ほど、ふるいにかける。
2 チョコレートは細かく切る。
細かければ細かく切るほど、焼いた時にチョコレートがしっかりと溶けます。

3 卵をとく。
4 ボウルにバターを入れて、クリーム状になるまで混ぜる。

5 砂糖を3回ほどに分けてバターに加える。よく混ぜる。
6 溶きほぐした卵を3回ほどに分けてバターに加える。よく混ぜる。

7 オーブンを170℃に予熱する。(天板もいれて予熱する)
8 薄力粉と牛乳を3回ぐらいにわけて順番に加える。よく混ぜる。
薄力粉、牛乳⇒混ぜる⇒薄力粉、牛乳⇒混ぜる⇒薄力粉、牛乳⇒混ぜる

9 ブランデーを加える。よく混ぜる。
10  チョコレートを生地に加えてよく混ぜる。

11 貝印 アルミ箔 菊型に生地をわける。
アイスクリームのディッシャーを使用すると生地をわけやすいです。

12 170℃のオーブンで23分ほど焼く。
竹串を生地にさしてなにもついてこなければ、出来上がりです。

13 あら熱をとる。
14 粗熱がとれたら、乾燥しないようにする。

私はお皿にチョコレートマフィンを並べて、ラップをかけ、お皿ごと、ジップロックにいれています。
すぐに全部食べれない時は冷凍します。

チョコレートマフィンの出来上がりの重さは 47gx3、48g、49gx2、50g、51gでした。
チョコレートマフィンの1個あたりのカロリーは約212kcalになります。

ココアパウダーブラックという苦みと濃い色彩が特徴のココアパウダーを使用しているので、ほどよい甘さのチョコレートマフィンの仕上がりました。

関連記事

  1. アメリカンマフィン

    マフィン

    黄金比率のアメリカンマフィンのレシピ

    混ぜるだけで簡単に出来上がるアメリカンマフィンの作り方です。バター…

  2. アメリカンマフィン

    マフィン

    黄金比率のアメリカンマフィンのレシピ

    フードプロセッサーで材料を混ぜて作る簡単に作るアメリカンマフィンの作り…

  3. アメリカンマフィン

    マフィン

    ヨーグルトで作る黄金比率のアメリカンマフィンのレシピ

    フードプロセッサーで材料を混ぜて作る簡単に作るアメリカンマフィンの作り…

  4. アメリカンマフィン

    マフィン

    アメリカンマフィンの牛乳とヨーグルトで作った時の味の違い

    テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」を見ていたら アメリカンマフ…

  5. ホワイトチョコレートマフィン

    マフィン

    ホワイトチョコレートマフィンの簡単な作り方

    フードプロセッサーで材料を混ぜて簡単に作るホワイトチョコレートアメリカ…

最近の記事

  1. ホワイトチョコチップホットケーキ
  2. 紅茶バターパウンドケーキ
  3. 焼き芋
  4. チョコレートホットケーキ(チョコレートパンケーキ)
  5. フルーツゼリー
PAGE TOP